電子タバコの起源

増税による金銭的な負担で禁煙を試みる方は多くなりました。しかし並大抵の気持ちでは、タバコを止めることはできません。
止める自信がない方の中には、対策として電子タバコを活用している方も多いのではないでしょうか。
こちらでは、そんな電子タバコの起源をご紹介したいと思います。

中国が発祥

電子タバコというと、アメリカやヨーロッパが発祥のイメージがある方も多いかもしれません。
しかし現在のような形は、2003年に中国の薬剤師が発明したといわれています。日本でのタバコの値段は500円前後ですが、ヨーロッパでは1,000円前後します。そのため経済的な負担を抑えるために、電子タバコを使用する人が増えて大ヒットしたのです。

過去にはアメリカでも発明されていた

現在主流となっている電子タバコの発祥は中国ですが、1965年にアメリカでも電子タバコが発明されていたのです。
しかし、その時代はタバコによる発がん性のリスクなどの健康被害がまだ判明してなかったので、わざわざ電子タバコを使う理由がなかったのです。

ファッション性

中国で発明された電子タバコは、国内では全く売れず、タバコの値段が高いヨーロッパに輸出したところ世界的なヒットに繋がりました。その後、ヨーロッパからアメリカへと渡り、アメリカでは発明初期からのデザインを変え、電子タバコをおしゃれなアイテムにすることに成功しました。そして吸引方法が増えたことで使用する人も多くなり、日本にもブームが伝わったのです。

このように、電子タバコは中国で生まれ世界中に伝わりました。電子タバコがブームになった理由の一つとして、豊富な種類のリキッドフレーバーが挙げられます。これから電子タバコを始めようと考えている方は、ランキングやおすすめアイテムをチェックして、好みのリキッドを探してみてはいかがでしょうか。

American Vapeでは、電子タバコや数多くのリキッドを通販にて取り扱っております。日本人好みの味に仕上げたリキッドもございますので、電子タバコをお買い求めの際には、ぜひAmerican Vapeをご利用ください。