正しい電子タバコの取り扱い方

電子タバコは火を使用しないので、とても安全性が高いアイテムといえます。しかしだからといって正しい使用方法を守らないと事故やケガの原因になったり、本来の電子タバコの良さを楽しむことが難しくなったりするおそれがあります。
こちらでは、正しい電子タバコの取り扱い方をご紹介いたします。

引火性の強い物の近くでは使用しない

引火性の強い物の近くで電子タバコを使うと、電子タバコの爆発や火災の原因になるおそれがあるので、気をつけましょう。
爆発や火災は、自分だけではなく隣近所など近隣周辺にまで迷惑をかけることになってしまいます。
ガスやシンナー、ガソリンなどのような引火性の強い物の近くでは、絶対に使用しないようにしましょう。

定期的なバッテリーのチェック

電子タバコの充電をするバッテリーは消耗品です。その為、長い期間使用しているとバッテリーが寿命になり交換が必要になります。充電が切れてしまうと、リキッドを蒸発させることができなくなるので、存分に電子タバコを楽しむことができなくなります。そのようなことにならない為にも、定期的にバッテリーの充電をチェックして、切れそうな場合は早めに交換することが大切です。

使用していない時は電源を切るようにする

電気で動く電子タバコには当然ながら電源があります。吸引していな時には電源を切るようにしましょう。
毎日使っていると、うっかり電源を入れたままにしてしまうこともあるかもしれません。
しかし電源の入れっぱなしは、本体が熱くなり故障の原因になるので、使わない時は必ず電源を切るようにしましょう。

American Vapeでは、人気の高いModタイプのVapeなど様々な電子タバコを通販にて取り扱っております。
また、種類豊富なリキッドフレーバーや、アトマイザー・ドリップチップなどの電子タバコのアイテムも取り揃えておりますので、電子タバコをお買い求めの際は、ぜひAmerican Vapeをご利用ください。